2017/08/15

石原裕次郎さん そして亡き母に捧げます

 去る8月10日 午前10時20分
 私の母が永遠の眠りにつきました

今回は生前に母が愛してやまなかった石原裕次郎さん
そして私事の画で誠に恐縮でございますが
生前の若い頃の母の画も一緒に描かせていただきました

石原裕次郎さん 1934年12月28日 ~ 1987年7月17日(52歳)
石原裕次郎さんの鉛筆画似顔絵

石原裕次郎さんの鉛筆画似顔絵途中経過 石原裕次郎さんの鉛筆画似顔絵途中経過


石原裕次郎さんの命日が一ヶ月前で
早いものであれから30年の年月が過ぎました

裕次郎さんは晩年は病に苦しみ
成功率3%という難手術を乗り越えられ 一時は見事に復活し
病院の屋上から笑顔で元気に手を振る裕次郎さんの姿を見た時は
”さすがタフガイ裕ちゃん!”と私も感動したことを憶えています
残念ながらその数年後には帰らぬ人となってしまいましたが

戦後の日本に元気を与え
日本国民に最も愛され
昭和が生んだ大スターの記憶は永遠のものです


今回描きました母の画はおそらく石原裕次郎さんがデビューした頃です
(1955年頃だと思います)
この頃の母はまだ独身で
選んだ母の表情も裕次郎さんがデビュー当時の人気絶頂期の頃と
若き日の母を重ねた感じです
石原裕次郎さんと私の母、鉛筆画似顔絵

石原裕次郎さんと私の母鉛筆画似顔絵途中経過 石原裕次郎さんと私の母鉛筆画似顔絵途中経過
 石原裕次郎さんと私の母鉛筆画似顔絵途中経過

今回お見せする母の写真はカメラ好きだった私の父が撮ったものです
img2763 (2)

img2753 (2) img2773 (2)

👇こちらは私が3、4歳の頃でしょうか^_^;
img2793 (2)

母は私とは性格はまったく逆で、社交的で、お酒も好きで
この写真を撮った頃は ミス水沢(現在の岩手県奥州市)に雰囲気や顔がよく似ていたため
よく本人と間違われていたとか・・・と
あくまで母本人から聞かされた話です 話も少し盛っていたかもしれませんが(笑)

最後にお見せする石原裕次郎さんの二枚目の画は
去年の9月に一度アップしたものです

石原裕次郎さんの鉛筆画似顔絵

母はここ数年はずっと寝たきりの状態でしたが
この裕次郎さんの画は約一年間
母のベッドの手元にありました

今 思い返せば母がもっと元気なうちに
多くの画を描いてあげたかったという後悔があります

母を亡くした哀しみを引きずるより
今回、石原裕次郎さんと母の画を描きながら強く思ったことがあります

母は先に旅立ってしまった世界のどこかで
今ごろはきっと裕ちゃんと一緒に
ゆっくりとお酒を酌み交わしていると



2016/09/06

若い頃の石原裕次郎さんです。

おそらくデビュー間もない時の有名な画像から描かせていただきました。
母が大ファンで現在施設に入っています。明日早速持っていきます。
石原裕次郎の鉛筆画似顔絵