2017/03/11

ジャック・ニコルソンとアメリカンニューシネマの影

1970年代の初め当時中学生だった私はカウンターカルチャー的な反体制文化的なものに興味を持ち
音楽もそうでしたが特に映画は今回描きました『イージーライダー』はもちろん
『俺たちに明日はない』『卒業』『真夜中のカウボーイ』『明日に向って撃て!』『バニシングポイント』など
当時の政治的な考えとか思想がどうだとか ほとんど分からない頃でしたが
観るものすべて作品が新しい何かを強く訴えていたように思います。
1960年代後半から1970年代中盤までに制作された「アメリカンニューシネマ」という作品群。
今回はその中で控えめながら存在感のある演技が印象的だったジャック・ニコルソンです。

『イージーライダー』1969 ジャック・ニコルソンとピーター・フォンダ
『イージーライダー』ジャック・ニコルソンとピーター・フォンダの鉛筆画似顔絵

img704.jpg img705.jpg
『イージーライダー』ジャック・ニコルソンとピーター・フォンダの鉛筆画似顔絵途中経過 『イージーライダー』ジャック・ニコルソンとピーター・フォンダの鉛筆画似顔絵途中経過

ジャック・ニコルソンについては『シャイニング』『バットマン』などの狂気的なアクの強い演技で注目されがちですが
『イージーライダー』も含めて当時の作品の『ファイブ・イージー・ピーセス』『愛の狩人』などの初期作品が私としては強く印象に残っています。
特にあの独特なセクシーな声から生まれる奥の深い演技が印象深く
70歳を超えた最近の作品でも常に新しい何かを感じさせています。

この記事のタイトルを”アメリカンニューシネマの影”としたことについては
今思えばすべての作品から”光”というイメージが掴めなかったことにあります。
しかし映画史に残る多くの傑作が作られ1970年以降の著名な俳優も生まれたことは事実で
その後の映画や文化の方向性に大きく影響を与えたことは言うまでもありません。

👇ジャック・ニコルソンの未発表の2016年5月頃に描いた画です。
『チャイナタウン』(1974)のスナップから
ジャック・ニコルソンの鉛筆画似顔絵
今回も目の修正と全体的に濃くしています。
こちらは修正前のものです。
ジャック・ニコルソンの鉛筆画似顔絵修正前

👇こちらは2016年8月に一度アップした画です。
『カッコーの巣の上で』(1975)より
『カッコーの巣の上で』ジャック・ニコルソンの鉛筆画似顔絵
粗さは目立ちますが出来にはそれなりに満足してますので修正はほとんどしていません。


★★★★★

311.png


2016/08/29

『カッコーの巣の上で』ジャック・ニコルソンです。

ジャックニコルソンの鉛筆画似顔絵""
<