2017/02/23

松田龍平さん そして 松田優作さん

今回の松田龍平さんを描いていたら
その龍平さんの表情から どうしても松田優作さんの姿が私の頭の奥底から浮かんできます。
松田龍平さんと過去の作品から松田優作さんも一緒にアップさせていただきます。

松田龍平さん 2017年2月作品
松田龍平の鉛筆画似顔絵

img618.jpg img619.jpg
松田龍平の鉛筆画似顔絵途中経過 松田龍平の鉛筆画似顔絵途中経過

松田龍平さんは最近ではそれぞれにジャンルの全く違う作品でも
すべてにおいて徹底した役作りをしています。
芝居に演技に相当な集中力でのめり込み
作品によってはアドリブ的な演技も取り入れて
こういったあたりはやはり松田優作さんの血を引いているなと感じます。

松田龍平さん(過去作品、2016年6月)
松田龍平の鉛筆画似顔絵""

こちらは修正前のものです。
img608.jpg


松田優作さん (過去作品、2016年6月)
『野獣死すべし』松田優作の鉛筆画似顔絵
『野獣死すべし』(1980)
映画の終盤、列車の中で室田日出夫さんと相対する有名なシーンです。
まばたきなど一切しない延々と続くこの長回しのショットから描かせていただきました。

こちらは修正前のものです。
img617.jpg


松田優作さんはこの映画の9年後に逝ってしまいますが
その前年の1988年に優作さんが『ブラックレイン』のオーディションを受けている映像を見たことがあります。
アメリカ映画界の主要な関係者を前にして (おそらくその中には監督のリドリー・スコットもいたはず)
優作さんは『野獣死すべし』のこのシーンとまったく同じ表情をして自己を表現し
アメリカの関係者が呆然としていたことが記憶にあります。

今回は松田翔太さんまで描けずにすみません。
またいつか違う機会に描きたいと思っています。