2016/12/30

オードリー・ヘップバーンMoon River♪~さようなら2016

オードリー・ヘップバーンが歌う
”ムーンリバー”を聴きながら
2016年を静かに見送りたい
そんな気分です。
オードリー・ヘップバーンMoon River鉛筆画似顔絵、オードリー・ヘップバーンMoon Riverリアル鉛筆画似顔絵
オードリー・ヘップバーンMoon River鉛筆画似顔絵途中 オードリー・ヘップバーンMoon River鉛筆画似顔絵途中
オードリー・ヘップバーンMoon オードリー・ヘップバーンMoon River鉛筆画似顔絵途中



この画が今年の最後の更新となります。
今回まで私のようなまだまだ雑でつたない画を見ていただき
ほんとうにありがとうございました。
これからも少しでも ホッとしてもらえるような画を描いていきたいと思っています。

来る2017年が皆様にとって幸せな年となりますように。

Jin
2016/12/27

Jinの あすりーと どろーいんぐ

今回は私としては意外というか珍しいというかアスリートの方を描きました。
高橋大輔さんと以前に描きましたイチローをアップさせていただきます。
   ★ ★ ★ ★ ★
高橋大輔さん
高橋大輔の鉛筆画似顔絵

高橋大輔の鉛筆画似顔絵途中 高橋大輔の鉛筆画似顔絵途中
高橋大輔の鉛筆画似顔絵途中

本来なら羽生結弦さんとか今が旬の宇野昌麿さんなど描くべきところですが
やはり男子フィギュアスケート界をここまで盛り上げ引っ張ってきた高橋大輔さんの功績は大きいと思います。
それに敬意を示す意味で今回描かせていただきました。

     ★ ★ ★ ★ ★
イチロー
イチローの鉛筆画似顔絵
今年の6月頃に描いたのですが全体的に淡く薄い感じでしたので
少し手を加えて濃いめに強調させて今回のアップです。

👇こちらは修正前のものです。
イチローの鉛筆画似顔絵修正前

日本が生んだこの偉大なアスリート
まだまだこれからも一日も長く現役続行していただきたいです。
2016/12/24

ロバート・レッドフォードのポップコーンセーター

1973年制作『追憶』のワンシーンから描かせていただきました。
この作品は抒情的なラブロマンス映画の名作です。
この画のシーンは相手役のバーブラ・ストライサンドのひもがほどけている靴を
彼がそっとそのまま足を持ち上げて自分の膝の上に置き結び直してあげる印象的なシーンでした。
ブロンドヘアーのレッドフォードに この白いセーターは眩しいほど美しく映えて
このセーターは物語の展開を盛り上げるのに一役買っていました。
ロバート・レッドフォードの鉛筆画似顔絵、ロバート・レッドフォードのリアル鉛筆画似顔絵

ロバート・レッドフォードの鉛筆画似顔絵途中 ロバート・レッドフォードの鉛筆画似顔絵途中

ロバート・レッドフォードの鉛筆画似顔絵途中 ロバート・レッドフォードの鉛筆画似顔絵途中

レッドフォードが着ている白いセーターは正式にポップコーンセーターと呼ぶのかは自信がありませんが
網目の形状がポップコーンのようだったので誰かがそう呼んだのかもしれません。
当時のファッション誌にもそう記載されているのを見たような気がします。

私自身この映画公開時はこのセーターと同じものがどうしても欲しくて街中のショップを探し回ったものでした。
でも当時はフィッシャーマン柄がほとんどで そのような特殊な柄のものを扱っている店はなく
住んでいた所も田舎町でセレクトショップなどなかった時代なので諦めざるを得ませんでした。
今はビンテージ的な洋服も割と簡単に手に入りやすくなったので
古着屋さんとかコマメに探せば見つかるかもしれませんね。

セーターといえば もちろんこの方を忘れてはいけません
『冬の華』(1978年) 高倉健さんと池上季実子さん
高倉健の鉛筆画似顔絵
高倉健の鉛筆画似顔絵途中 高倉健の鉛筆画似顔絵途中

高倉健の鉛筆画似顔絵途中 高倉健の鉛筆画似顔絵途中

荒廃的なヤクザ社会をリアルに描写した作品で
静かな中にも重みのあるセリフが心に残る映画でした。

健さんが着ている黒のタートルネックにヘリボーンのツイードジャケット
一見シンプルな装いですが これが似合うキマル方はそうはなかなかいないと思います。

健さんの映画やプライベートでよく目にしたファッションといえば
イギリス製ゴルフウエアのバラクーダG9とかアメリカ軍放出品のM-65などが有名ですが
意外ですが健さんは根っからのアメカジ好きだったようで
50年も前の網走番外地シリーズでは当時誰も着ていなかったピーコートも着てました。
ジーンズのサイズは若い頃から70歳を超えてもずっと変わらず31インチだったというのも驚きですね。
健さんがスクリーン上で着ていた服は自前で揃えたものが多かったように思えます。
演技と同じく着る服にも深いこだわりがあったのでしょうね。
2016/12/22

広瀬すずさんの画で振り返る2016年私(Jin)の成長ヒストリー?

ふざけたタイトルですみません(^_^;
今年の4月から鉛筆画を本格的に描き始めて 8月のブログ開設から今回まで
おかげさまで70点を超える画をお見せすることができました。

今回はその4月にいちばん最初に描きました広瀬すずさんの画から先ほど描きあげた画を通して
私がこの8ヶ月余りの間に少しはちゃんとした画を描けるようになったのか
自分なりにも改めて振り返ってみたくなりまして 今回お見せすることをお許しください。

2016年12月作品
広瀬すず鉛筆画似顔絵、広瀬すず鉛筆画リアル似顔絵

広瀬すず鉛筆画似顔絵途中 広瀬すず鉛筆画似顔絵途中
広瀬すず鉛筆画似顔絵途中 広瀬すず鉛筆画似顔絵途中
少し大人びた広瀬すずさんの画になってしまいましたが
描いても描いても彼女の”らしさ”がなかなか出てこなくて焦りました(^_^;
髪がセミロングなので少し戸惑ったかもしれません。

2016年8月作品
広瀬すず鉛筆画似顔絵
こちらはお見かけした方もいるかと思いますが一度アップしたものです。
画の感じも真面目に鉛筆画を描いてるという状況から逸脱したものですが(^_^;
この画は意外なほど多くの方に好評を得ました(^_^)
やはり無理にリアルな方向に行くよりも 描く対象の人物が持っているキャラクターや魅力を
シンプルな画法でもうまく引き出すことが大切だと実感させられた画です。

👇最後にお見せするこちらの画は冒頭でもお伝えした通り
私がこの4月に本格的に鉛筆画を描き始めた時の
記念すべきいちばん最初の画です。
2016年4月作品
広瀬すず鉛筆画似顔絵""
いつもの過去の画の紹介前に行っていた姑息な修正行為(^_^;は一切封印しました。
今見ると恥ずかしい限りの画ですが今回は特にオリジナルを重視して(^_^;
そのままの状態でアップさせていただきました。

私自身がこの8ヶ月の間に少しはレベルが向上したのか疑問が残りますが
私のこのような画でも多くの方に見ていただき
そしてたくさんの励ましの言葉をいただきまして
あらためて感謝申し上げます。

今後もあまり固くならず気張らず
自分なりの画を描いていきますのでよろしくお願いいたします。
2016/12/19

新垣結衣さんを描きました。and過去作品です。

今回の新垣結衣さんは 先ほど描きあげたものと以前に描いたものとの2本立てです。
このような冬の情景でも
そこに新垣結衣さんがいるだけで
不思議と寒さなどすっかり忘れてしまう
そんな画を描きたかったので。
新垣結衣の鉛筆画似顔絵,新垣結衣の鉛筆画リアル似顔絵,

今回は途中経過をいつもより多く載せてみました。
ちょっと多すぎてうるさかったかもしれません(^_^;
新垣結衣の鉛筆画似顔絵途中 新垣結衣の鉛筆画似顔絵途中
新垣結衣の鉛筆画似顔絵途中 新垣結衣の鉛筆画似顔絵途中
新垣結衣の鉛筆画似顔絵途中 新垣結衣の鉛筆画似顔絵途中

今回描きましたガッキ・・・もとい!
(スミマセン私のようなジジィが彼女の愛称を軽々しく言うと
違和感と嫌悪感が増大するのでキチンとオナマエで書きます(^_^;)

新垣結衣さんの人気のテレビドラマはそろそろ終了のようですね(涙)
私は普段テレビドラマはあまり見ないのですが
このドラマは登場人物のキャラクターやシチュエーションが面白くて毎回見てました。
それに何より石田ゆり子さんがステキでしたので(^_-)-☆

👇こちらは今年の5月頃に描いたものです。
私の初々しく手抜きのタッチがかなり目立っていましたので(^_^;)
今回髪と陰影に少し手を加えています。
img369.jpg

でも以前の画は恥ずかしくてもオリジナルをそのままお見せするべきですね
こちらがそうです
img366.jpg

今回はごちゃごちゃと余計なものをお見せしてすみませんでした(^_^;)。
2016/12/17

小田和正さんを描きました。

小田和正さんを描くのはもちろん今回が初めてですが
今までの小田さんの似顔絵はかわいいデフォルメ的なイラストが多くて
リアルタッチの似顔絵はあまりお見かけしないので描くことに少し迷いましたが
オフコースでの鈴木康弘さんとの御二人の時代からリアルタイムで接してきた私にとって
小田和正さんはいつかは描きたいという強い思いから描かせていただきました。

小田和正の鉛筆画似顔絵、小田和正のリアル鉛筆画似顔絵

小田和正の鉛筆画似顔絵途中 小田和正の鉛筆画似顔絵途中
小田和正の鉛筆画似顔絵途中

小田和正さんはたしか私より10歳ほど年齢が上ですが
今も変わらず第一線で音楽活動をしている姿は本当に素晴らしいことで頭が下がります。

毎年今頃の時期に放送される小田さんのクリスマスの特番がもうすぐですね。
毎回サプライズゲストとのセッションも素敵ですが 私個人の思いとしては
小田さんにゲストの曲のカバーをソロでじっくりと見て聴いてみたいという気持ちもあります。
放送日が待ち遠しいですね(^^♪
2016/12/15

可愛すぎる47歳!石田ゆり子さん②です。

石田ゆり子さんを描くのは今回が2回目です。
10月に過去の作品ということで一度アップしていますが
粗さが目立ち出来がいまひとつでしたので 
今回また新たに描かせていただきました。
石田ゆり子の鉛筆画似顔絵、石田ゆり子のリアル鉛筆画似顔絵

石田ゆり子の鉛筆画似顔絵途中 石田ゆり子の鉛筆画似顔絵途中
石田ゆり子の鉛筆画似顔絵途中 石田ゆり子の鉛筆画似顔絵途中

石田ゆり子さんは ここにきて演技もダンス(^^♪ も絶好調ですね。
今まで埋もれていた彼女の魅力が今年は一気にキタ━(゚∀゚)━!という感じです(^_-)-☆

前回も今回も記事のタイトルが失礼そのものでしたが(^_^;
でも彼女の御年での この愛らしさは
まさにアラフォーの奇跡といってもいいと思います(^_-)-☆

👇ちなみにこれは前回アップしたものです。
今見ると恥ずかしいので小さな画面にしました(^_^;
石田ゆり子の鉛筆画似顔絵
今回もぜんぜん進歩がない(^_^;でしょうか・・・
2016/12/13

今年もいよいよ押し迫ってまいりました。 石原さとみさんです。

前回の記事の画では 少し過激なものを描いてしまったので
今回は改めて気分一新して やはり石原さとみさんを描きました。

img339.jpg

img334.jpg img336.jpg
img337.jpg img338.jpg

クリスマスを意識したわけではありませんが
もとにした画像は真っ赤なスカーフがステキに映えたものでしたので
こちらから描かせていただきました。

途中経過のサムネイルの最初の画像を見ていただくとわかりますが
描き始めは こ、これってホントに石原さとみさんを描いてるのかと
それはもうヒドイものでしたが(汗:^_^;)
なんとか最初のつまずきを挽回しようと頑張ったつもりです(^_^;
2016/12/11

『バイオハザード:ザ・ファイナル』and昔の自作販促用POP

先日 年末の大掃除をしていたら
押入れの中から 昔に描いた販促用のPOPボードが見つかり
しみじみと見返してみると
今回のバイオハザードを連想させるようなPOPイラストでしたので
なにかとりつかれたように(^_^;
ミラ・ジョヴォヴィッチとローラを描いてしまいました。

ミラ・ジョヴォヴィッチ
ミラ・ジョヴォヴィッチの鉛筆画似顔絵、ミラ・ジョヴォヴィッチのリアル鉛筆画似顔絵

ミラ・ジョヴォヴィッチの鉛筆画似顔絵途中 ミラ・ジョヴォヴィッチの鉛筆画似顔絵途中
ミラ・ジョヴォヴィッチの鉛筆画似顔絵途中

こういったジャンルの画を描こうという気持ちは
普段からあまり頭の中にはなかったのですが
でも実際に描き始めると ミラを描いたら今度はローラも
そんな感じです(^_-)-☆

<ローラ
バイオハザード、ローラの鉛筆画似顔絵、バイオハザード、ローラのリアル鉛筆画似顔絵

バイオハザード、ローラの鉛筆画似顔絵途中 バイオハザード、ローラの鉛筆画似顔絵途中
バイオハザード、ローラの鉛筆画似顔絵途中
この作品がハリウッドデビューになるローラさん
今後の活躍を大いに期待したいです。
ローラさんの もともと彫りの深い顔立ちに このようなゾンビメイクは効果大で
ほんとにこんな美しすぎるゾンビがいたら ぜひとも襲われてみたい・・・スミマセンm(_ _)m


👇これはたしか6,7年前に作成したメンズ用ボデイソープの販促用POPボードです。
今 見ると恥ずかしいですし
いかにも もろ手書きという感じです(^_^)
20161211_113804316.jpg
20161211_114230236.jpg
私自身 長年にわたり流通業界に従事していたので
このようなPOPはほんとにタマにですが描いてました。

最近はPOPの作成もデジタル化されてパソコンでも作れるようになり
どのショップに入っても手書きのPOPなどは あまり見かけなくなりました。
でも 絵やイラスト以外でも
たまに手書きで商品を紹介したPOPやメッセージカードなどを目にすると
実際に作成と展示紹介した人の気持ちや温かみが伝わってくるようで
やはりホっとした気持ちになります(^_^)

私自身 今までは公の絵の公募などには全く縁がなく
ましては入選など考えてもいなかったのですが
一応このPOPボードはメーカー及び社内のPOPコンクールにて
最優秀賞をいただいたものです(^_^)
2016/12/10

長澤まさみさんを描きました。

今回の長澤まさみさんは表情のバランスがまとまらず
描いている最中は常に ”どうも何かが違うな” との闘いでした(^_^;
彼女の最も印象的な口元を大きく強調するより
全体的な雰囲気を大切にしたつもりです。

長澤まさみの鉛筆画似顔絵、長澤まさみのリアル鉛筆画似顔絵

長澤まさみの鉛筆画似顔絵途中"" 長澤まさみの鉛筆画似顔絵途中
長澤まさみの鉛筆画似顔絵途中""