浅野忠信さんを描きました。

最近はしっとりとした女優さんが続いたので
今回は最近ぐっと円熟味が増している浅野忠信さんです。
テレビだけではなく映画でも立て続けに話題作が公開されていますね。
現在放映中のキムタクのドラマではナチュラルなお顔になっていますが
浅野忠信さんはやはりこの無精ひげをたくわえたワイルドなイメージが強いのでこちらから描かせていただきました。

浅野忠信の鉛筆画似顔絵

img521.jpg img522.jpg
浅野忠信の鉛筆画似顔絵途中 浅野忠信の鉛筆画似顔絵途中

明日(1/30)より出張で数日間は更新もできないかと思い
今回は少しスピードアップで描いたので少し雑な部分も出てしまいました。すみません。

私の住んでいる所は東北でもけっこう冷え込みが厳しいです。
(この何日かは少し寒さも緩みましたが)
今回の出張はここより更に北の豪雪地帯です(*_*)
外での作業もありそうなので今から気持ちが下降ぎみです(ヽ´ω`)
気をつけて行ってまいります。

武井咲さんを描きました。

いつも微笑んで はにかんだ表情が魅力的な武井咲さんですが
今回は少し虚ろげな表情から描かせていただきました。
でもちょっとそれを意識しすぎた感じの画になってしまいました。

武井咲の鉛筆画似顔絵

img512.jpg img513.jpg
武井咲の鉛筆画似顔絵途中 武井咲の鉛筆画似顔絵途中
(こうして見ると途中経過の3番目のサムネイル画面の画がいちばん似てますね(^_^;)

私のようなジジィは武井咲さんを見てるとなぜか安心するといいますか
どちらかといえば彼女は昭和の女優さんの面影を思い起こさせる感じがします。

以前の私の記事で宮崎あおいさんと二階堂ふみさんが似ていることをお伝えしましたが
ただ顔が似ているというのではなく表情から感じる雰囲気が似ている方は他にもいます。
また昔の女優さんを引き合いに出してしまいますが
夏目雅子さんと波留さんとか。
今回の武井咲さんも表情によっては吉永小百合さんに似ている感じです。

    ★★★★★

前回の私の長男の記事で多くの方々から暖かい励ましの言葉をたくさんいただきました。
私の長男もまだまだ駆け出しの身ですが大きな励みになると思います。
この場をお借りしまして あらためて厚く御礼申し上げます。



吉高由里子さん そして或る新進俳優の紹介です。

最新のテレビドラマで話題の吉高由里子さんです。
もともと演技力のある女優さんですが今回のドラマでまた確実にステップアップした感じです。

今回、吉高由里子さんを描いたのは実はある事情がありまして・・・
その件につきましては記事の後半でお伝えしていきます。

吉高由里子の鉛筆画似顔絵

img505.jpg img506.jpg
吉高由里子の鉛筆画似顔絵途中経過 吉高由里子の鉛筆画似顔絵途中経過

前回の記事で”サプライズがあります”とお伝えしましたが
今回は或る一人の新進俳優を紹介します。
その俳優というのは

実は私の長男です。

長男のことを紹介することは正直悩みました。
でも父親として少しでも何かしらフォローできないかといつも考えておりまして
まことに恐縮ですが今回このブログをお借りして載せることをお許しください。

新進俳優と言っても もちろんまだまだメジャーな存在ではありません。
テレビ、映画、その他目立つ媒体への出演経験も少なく知名度はほとんどありません。
でも年々経験を積み少しづつではありますが最近ではいい仕事にも巡り合えているようです。

プロフィール
1462714292175.jpg
青山 卓矢アオヤマ タクヤ
生年月日 : 1988年3月6日(28歳)
出身地 : 岩手県盛岡市  
身長 : 176cm.
血液型 : AB型
職業 : 俳優  
ジャンル : 映画、テレビドラマ、CM、舞台
 音楽関係プロモーションビデオ、大手企業のPRショートムービーへの出演など

今までの経歴から主だった動画と画像です
ショートムービー
映像制作会社エレファントストーンの最新コンセプトムービー


(YouTube からお借りしました)

ひらくドア「ミニアルバム」(2014年 監督:矢部沙耶)


(YouTube からお借りしました)

テレビドラマ
●「歴史列伝~新選組のラストサムライ~土方歳三」 土方歳三役(2014年 BS・TBS)
こちらは撮影時のスナップです。
cached490538682.png

テレビCM
「エリエール~megami~」(2014年 監督:中江和仁)
このCMではなんとあの有村架純さんの恋人役でした。
CMストーリーの設定では彼女に別れ話を切り出すとんでもない役です(^_^;
(すみません映像はもうありません。)
但し映像に映るのは後ろ姿だけでした(^_^;

舞台
●「青春暑寒」(2013年 劇団祭りの準備)
●「シーラ&シャイニングスターズVol.5」~「土曜夜市(ふたり芝居)」
  (2017年 演出:白峰優梨子)
 他舞台は多数

     ★★★★★

そして2017年早々に嬉しい知らせが飛び込んできました。
>;『東京タラレバ娘』へのわずかなシーンですが出演決定です
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-61-300x224.png

鈴木亮平さんの部下でチーフAD役で出演します。
セリフは一言だけのようです(^_^;)先日無事に収録は終えました。
現場ではエラく緊張しまくりだったようですが本人は貴重な瞬間を経験できたと言っていました。

長男が出演したシーンが放送されるのが 第4話(2月8日)、第5話(2月15日)です。
何度もすみませんが映るのはほんの一瞬だけで、もしかしたら演出の都合上カットになるかも・・・
話題のドラマですので私の長男は関係なく皆さんはご覧になると思いますが(^-^)
どうかお見逃しなく!(^_-)-☆

    ★★★★★

さて、今回の記事でこのように長男の顔などをあからさまにお見せして
私自身についてはブログ内の画だけでご勘弁をと当初はその予定でしたが
恥ずかしながら私の写真も今回だけモザイクなしでお見せすることにしました(^_^;)
DSC_0130.jpg
最近私が上京した時に撮ったものです。
写真左のさえないジジィがもちろん私です(^_^;

今回の記事は主役の吉高由里子さんを差し置いて長男ばかりの内容になりスミマセン。
多くの余計なものもお見せしたことも深くお詫びいたします。
私自身は今後も鉛筆画似顔絵を淡々と描いていくスタンスは変わりませんので
どうかこれからも私の長男共々よろしくお願いいたします。
長々と大変失礼いたしました。

木村文乃さん三変化

今回の木村文乃さんは最近描き溜めておいたもの2点と
また以前に描いた画の三点セットです。

👇其の一
木村文乃の鉛筆画似顔絵

img494.jpg img495.jpg
img496.jpg

👇其の二
木村文乃の鉛筆画似顔絵

img488.jpg img489.jpg
img490.jpg img499.jpg

本来ならひとつのものに集中して最後まで描くべきですが
私の悪い性格からか途中経過が今ひとつの時は
ついついそのまま放置してしまい新たな画を描き始めることもあり
この二つの画もそうです。
今後はあらためます。

👇其の三
こちらの画は2016年8月に描きました。
いつもならかなり濃く手を加えますが今回は極端な付け足しは控えました。
木村文乃の鉛筆画似顔絵

こちらは修正前のものです。
img491.jpg

この画を描いたときは鉛筆画を描き始めて4ヶ月ほど経った頃でしょうか
ようやく少し慣れてきた感じの時の画です。
木村文乃さんは前髪をバッサリ切っていた頃で
私自身の好みではこの頃の彼女のほうが素敵だなぁと思っています。

COMING SOON
近日中にサプライズ記事を予定しています!
どうかお楽しみに!

二階堂ふみさんと私の血圧の関係

意味不明なタイトルですみません。
最近私の描いていた画は彫りの深い外人さん、難しい表情のお顔、強面の俳優さんと
濃い味付けの画ばかりで私の血圧も少し上昇ぎみでした(ヽ´ω`)
今回は薄味でヘルシーで健康にもよろしい二階堂ふみさんです(^_-)-☆
もとにした画像もナチュラルで自然な感じのものから描かせていただきました。
おかげさまで二階堂さんを描いて私も少し落ち着き血圧も安定してきた感じです(^^♪

二階堂ふみの鉛筆画似顔絵

img479.jpg img480.jpg
二階堂ふみの鉛筆画似顔絵途中経過 二階堂ふみの鉛筆画似顔絵途中経過

二階堂ふみさんを描いて落ち着いたのはいいのですが
でもちょっと問題が・・・

実は私のパソコンに以前に保存していた宮崎あおいさんの何枚かの画像の一部
それが二階堂ふみさんだったことが今回判明して、エエ…という感じです(*_*)
今回も二階堂さんの画像を検索していたら同じ画面に宮崎あおいさんが出てきたりと
かなり混乱しました(@_@)
ホントにこのお2人はよく似てますね(^-^)

👇こちらは2016年9月にアップした宮崎あおいさんです。
宮崎あおいの鉛筆画似顔絵

間違いなく宮崎あおいさんでしょうか、なんか不安になってきました。
今回の二階堂ふみさんも混乱を避けるために似ていないものにしましたが
でもやっぱりどこか似てますね^_^;
あまり考え悩み過ぎるとまた私の血圧が上昇しそうなのでこのへんでお許しを。

遠藤憲一さんを描きました。and過去作品です。

今回の遠藤憲一さんは硬派で渋いイメージを強調したつもりですが
最近の私の画ではかなり濃い感じです。
これなら後々の濃くしての修正は必要なさそうですね(^_^)

遠藤憲一の鉛筆画似顔絵

img469.jpg img470.jpg
img471.jpg img472.jpg

最初の描き始めから中盤戦あたりまでは”いかりや長介さん”のような感じで焦りました(^_^;。
雑で粗い部分はお許しください。

★★★★★

👇こちらは2016年7月頃に描いたものです。
上の画とは全く真逆でかなりスーパーマイルドな遠藤憲一さんです。
いつもなら濃く修正しますが上の画との比較対象も面白いかと思い
今回はそのままアップいたしました。
遠藤憲一の鉛筆画似顔絵""

水原希子さんを描きましたand過去作品です。

今回の水原希子さんは久しぶりに縦型の画です。
表情のバランスがけっこう難しいものでしたが
この顔の表現をダイレクトに表すにはやはり縦型しかないと思いましたので。
併せて同じ水原希子さんの過去の画も一緒にアップさせていただきました。

水原希子の鉛筆画似顔絵

img458.jpg img459.jpg img460.jpg 
img461.jpg img462.jpg img464.jpg

     ★★★★★

こちらの画は2016年7月頃に描いたものです。
今回もお見せするにあたり全体的に濃くしています。
私の過去の画は毎回同じことをしていますね(^_^;すみません。
水原希子の鉛筆画似顔絵

こちらが修正前のものです。
img463.jpg


イギリスの貴公子様たち

映画「ハリーポッター」シリーズを観ているとイギリスの伝統的な文化を多く感じますし
主演のダニエル・ラドクリフの貴公子様的な存在感が映画の魅力をグレードアップしていました。
今回の画は最新作に主演したエディ・レッドメインです。
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』よりエディ・レッドメイン
エディ・レッドメインの鉛筆画似顔絵

img439.jpg img440.jpg
img441.jpg エディ・レッドメインの鉛筆画似顔絵途中

彼は今最も人気の高い外国人男優のようですね。
正直この画を描くまで彼の名前すらよく知りませんでした。
私自身のプロフィールには映画好きと言っておきながら
最近の映画は把握不足で反省しきりです(^_^;。

👇こちらは2016年7月頃に描いたダニエル・ラドクリフの色鉛筆画です。
まだ慣れない色鉛筆で無理に描いた感じでしたので小さな画面でお許しを(^_^;
img457.jpg

イギリス映画では昔から貴公子様的な存在感の俳優さんはいました。
1980年代には静かなブームを起こしたこともあります。
『アナザーカントリー』(1984) ルパート・エヴェレット
img453.jpg
この作品はパブリックスクールの中での同性愛的な性倒錯を強調しており
公開当時はルパートだけではなく出演俳優さんが皆美しかったことで
日本では英国美青年ブームなるものが起こった記憶があります。

それ以前の1960、1970年代は少し殺伐とした当時の時代背景から
どちらかといえば危ない貴公子様、狂気の貴公子様が目立っていたように思います。
『テオレマ』(1968) テレンス・スタンプ
img449.jpg
この作品も性描写は当時では過激で18禁でした。
テレンス・スタンプはこの前に「コレクター」で強烈な演技で有名になり
犯人役ながら多くの女性ファンを掴んだことでも有名です。
1970年代には狂気の代表的な俳優として
「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェルが登場します。
そういえばマルコムは60年代後半にやはりパブリックスクールの生徒たちの反乱がテーマの
「if:もしも」という作品がありました。
マルコム・マクダウェルについてはいつかまた違ったテーマから描いてみたいと思います。

1990年代に入るとヒュー・グラントなどの登場で貴公子様のイメージもずっと明るくなり
(貴公子様というよりジェントルマンという感じ)
最近では映画俳優ではありませんがデビット・ベッカム様ですね。
👇10月に一度アップした画です。
img452.jpg
内容が昔のことばかりでバラバラになってしまいました(^_^;。
それでは最後に今回の主役であるエディ・レッドメイン再登場です。
👇こちらはかっこいいコートを着ての決めポーズです(^_-)-☆
エディ・レッドメインの鉛筆画似顔絵""

img438.jpg img444.jpg
img445.jpg エディ・レッドメインの鉛筆画似顔絵途中

風邪ひきますよ 常盤貴子さん

ちゃんと料理もつくって
帰りの遅い旦那様を待つうちに
ついついソファーの上で・・・
そんな感じの常盤貴子さんです。

常盤貴子の鉛筆画似顔絵

 常盤貴子の鉛筆画途中""
常盤貴子の鉛筆画途中 常盤貴子の鉛筆画途中

目の前で こんな寝顔を見せられたら
起こすのもためらってしまうし
毛布でもそっとかけてあげたくなりますね。

今年の正月は寝正月になったような そうでもないような
       ゆっくりできたような 慌ただしかったような
皆さんはいかがでしたでしょうか。
私も明日から仕事です(ヽ´ω`)

アラン・ドロンと野沢那智さん

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

私の2017年の最初の画に選んだのは
外国人男優として戦後の映画界で日本人に最も愛されたアラン・ドロンです。
そしてドロンの吹替えを担当していた野沢那智さんについても触れさせていただきました。
アラン・ドロンの鉛筆画似顔絵

アラン・ドロンの鉛筆画似顔絵途中 アラン・ドロンの鉛筆画似顔絵途中
アラン・ドロンの鉛筆画似顔絵途中 アラン・ドロンの鉛筆画似顔絵途中

すでに80歳を超えているアラン・ドロンですが上の画はまだ20代の頃でしょうか
最近CS放送でドロンの特集が組まれて再びその魅力が見直されているようです。

洋画の吹替えでクリント・イーストウッドなら山田康雄さんがお決まりだったように
アラン・ドロンといえば野沢那智さんです。
野沢那智さんの鉛筆画似顔絵
(なんとなく顔の輪郭とあごのラインがアラン・ドロンに少し似ているような)

野沢さんの吹替えはドロンの他にもジュリアーノ・ジェンマ、ロバート・レッドフォードなどの
二枚目やダイ・ハードのブルース・ウィルスといった絶対ヒーローなど
私自身も野沢さんのような甘い素敵な声が出せればと憧れたものでした。

吹替えの他に白石冬美さんとのコンビでTBSラジオの深夜放送「パックインミュージック」は
その語り口の上手さに夢中になった時期もあります。

私が野沢さんの吹替えで最も感銘深いのが『ゴッド・ファーザー』のアル・パチーノです。
その卓越した声量の表現力は野沢さんしか出せないと感心したものです。
『レインマン』のダスティン・ホフマンも吹替えた当時は”吹替えという域を超えている”と
絶賛されていたことも憶えています。

野沢さんは山田康雄さんと同じで逝くのが早かったように思います(2010年没、享年72歳)
スペースコブラやスターウオーズのC-3POなど
その仕事ぶりは精力的に多方面にわたっていただけに残念でなりません。

   ★★★★★

2016年7月頃に描いた画です。
やはり全体的に薄く印象が今ひとつでしたので少し手を加えて濃くしてのアップです。
私が使用しているテンプレートは縦型の画は大きくなり雑な部分が大サービスとなるので(^_^;少し冷や汗😅ものですがそのままお見せいたします。
アラン・ドロンの鉛筆画似顔絵""

こちらは修正前のものです。
アラン・ドロンの鉛筆画似顔絵