FC2ブログ

欧州映画女優画紀行③ シャーロット・ランプリング

当ブログへのご訪問ありがとうございます


欧州映画女優画シリーズの第三回目は
巨匠ルキノ・ビスコンティ監督に見出され その魅力を開花させたシャーロット・ランプリングです

今回は映画公開当時、その倒錯的な愛情表現と
あまりにも愛欲に満ちた官能的な描写で大きなセンセーショナルを巻き起こした
シャーロット・ランプリングの代表作品から描かせていただきました

『愛の嵐』(1973)よりシャーロット・ランプリングの鉛筆画

SR.jpg
img20180425_21142381.jpg シャーロット・ランプリングの鉛筆画途中経過 シャーロット・ランプリングの鉛筆画途中経過 シャーロット・ランプリングの鉛筆画途中経過

この『愛の嵐』は第二次大戦から10年後の冬のウィーンで
元ナチス親衛隊の高級将校とユダヤ人捕虜収容所で当時は少女だった有名な指揮者夫人(ランプリング)
の運命的な再会によって、かつて二人が経験したアブノーマルな愛欲関係と
再びそのナチズムの狂気に翻弄されていく様をえがいています

この作品でランプリングがあるパーティーで
サスペンダーだけの上半身裸にナチスの帽を被り元親衛隊達の前で歌い踊るシーンがあまりにも有名です
彼女のスレンダーで少年のような中性的な魅力が作品の官能と耽美のイメージを体現していた感じです


シャーロット・ランプリングはイギリス出身ですが
この『愛の嵐』が制作されたイタリアで第一線の女優としての地位を確立し
1980年代にはアメリカ映画界にも進出しています

こちらはウデイ・アレンの相手役を演じた『スターダストメモリー』(1983)
SR4.jpg

シャーロット・ランプリングは一時期はうつ病からブランク状態になり目立った活躍もなくなりましたが
近年では見事に復活して『さざなみ』(2015)ではアカデミー主演女優賞にもノミネートされています
SR9.jpg



今回のシャーロット・ランプリングの画は
その倒錯的な表現をイメージしてモノクロ鉛筆画に赤のラインをつけました
実際に同じような彼女のイラストもあったので そちらも参考にしています

4 Comments

Jinどろ  

雪愛さん こんにちは

雪愛さん コメントをいただきありがとうございます
この映画のSランプリングの醸し出す雰囲気は
雪愛さんが思い描く世界観(雪愛さんワールド^-^)に一部相通じるものがあるかもしれませんね

サイボーグ009シリーズの連載開始からもう50年経ちますので
雪愛さん世代の方であれば個々のキャラクターを詳しく知らないのが当然かと思います
でもミッキーマウスが誕生から100年、鉄腕アトムが70年経っても
今もなおこれだけ愛され続けているのは やはりそのキャラクターの魅力かと思います

009シリーズは最近でもそのコスチュームからハロウィンとかコスプレイヤーの若い方にも人気のようですよ(^-^)
今回も画像検索で女優の杏さんが003フランソワーズのコスプレ姿を見つけた時には笑ってしまいました(^○^)

私のオリジナルは・・・雪愛さんと自信をもって相互リンクできるようなキャラクターを想像創造できるようにしたいのですが
あまり期待しないで気長にお待ちください(^_^;

Jinどろ

2018/05/12 (Sat) 07:27 | REPLY |   

雪愛  

こんにちは、過去記事にコメント失礼いたします。。。
このようなフェティッシュなコスチュームは非日常さを感じてなのか
すごくドキドキします。
とても美しい女優さんですね…。。。

サイボーグ003のフランソワーズさんもとても可愛かったです。
キャラの名前、初めて知りました(汗)。。。
Jinさんのオリジナルらくがきが公開されるのを楽しみにしてます★

2018/05/11 (Fri) 13:26 | EDIT | REPLY |   

Jinどろ  

安斎さん こんばんは

安斎さん コメントをいただきありがとうございます
シャーロット・ランプリングは
ソフィア・ローレンとか私が先に描いたクラウデイァ・カルデイナーレなどの
肉感的な美女からスレンダーで知的なイメージの新たな女性像を創り上げたことでも有名です
でもイタリアの女優といえばやはり安斎さんも好きな「青い体験」のラウラ・アントネッリもいつか描きたいですね(^-^)

Jinどろ

2018/05/03 (Thu) 21:44 | REPLY |   

安斎治療室  

色っぽいです。
この方すこ〜〜しグレースケリーと似てるような…
キレイな人です。(^^)

2018/05/03 (Thu) 16:06 | REPLY |   

Post a comment