また古メカしいものを描いています

当ブログへのご訪問ありがとうございます


こうしていつも人物画を描き続けていると

私も男なので ふとメカニック的なものを描きたい衝動に駆られる時があります

やはりまた古い映画の人物になってしまいましたが

そんなわけで現在、映画『大脱走』よりスティーブ・マックイーンを描いています

バイクの本格的な描きこみはこれからですが やはり人物とのバランスが難しいです

完成までもう少しお待ちください。

『大脱走』スティーブ・マックイーンの鉛筆画似顔絵途中経過

菜々緒さんを描きました

当ブログへのご訪問ありがとうございます



先日途中経過をお見せした菜々緒さんの完成です


最近のドラマでは彼女の代名詞である“クールビューティ”そして“悪女+ドS”ぶりにさらに磨きがかかり

その悪女を超える“デビル”として君臨しています


今回の画もあまり優しく穏やかにしすぎると彼女の本来の魅力が薄れてしまうので

やはりキリリとした彼女のイメージをそのまま残せればと描いたつもりです


菜々緒の似顔絵 菜々緒2


クリックで途中経過はコマ送りに 15281959572JtXDykEbttUfsi1528195950.gif




次にまた菜々緒さんを描く機会があれば

やはり彼女のもうひとつの魅力である9頭身の全身画を描いてみたいですね


菜々緒さん そんなに睨まないでください

当ブログへのご訪問ありがとうございます



現在描いてます菜々緒さんの途中経過です


この菜々緒さん、微笑んだ表情を見せていても


その奥底にはなぜか〝コワ美しい″イメージが消えません


これからもう少し優しく綺麗目な色をつけて


少しでも菜々緒さんのお怒りを和らげることができればと(^^汗)


完成までもう少しお待ちください。


菜々緒の似顔絵途中経過



もふもふ最高Happy気分のアリーナ・ザギトワ選手です

当ブログへのご訪問ありがとうございます

今回はこれまでの私の画では初めての時事ネタです
といっても殺伐としたニュースからではなく
最近ではホントにほっこり気分になれた 皆様もよくご存知のニュースから描かせてもらいました

平昌冬季五輪フィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ 選手に
秋田犬保存会(秋田県大館市)から贈られた秋田犬の仔犬「MASARU(マサル)」と
感激のご対面をはたして幸せこの上ない表情のザギトワ選手です

アリーナ・ザギトワ 選手と秋田犬「MASARU(マサル)」の鉛筆画似顔絵

秋田犬マサル君(でも雌だそうですね)はそれらしい表情を描きたかったので
画像よりも少しアレンジして描きましたが もふもふフサフサ感を出すのはやはり難しかったです

ザキトワ秋田犬2

☟クリックすれば途中経過はコマ送りに
1527851560frCyC9Qbp6HNCJy1527851551.gif


仔犬でも もうすでにザギトワ選手の手に余ってますね
秋田犬は大型犬でまだまだもっと大きくなるのでちょっと心配ですが
これからも彼女のほんとのかけがえのないパートナーになってもらいたいですね

欧州映画女優画紀行④ ラウラ・アントネッリ

当ブログへのご訪問ありがとうございます

今回描きましたラウラ・アントネッリですが
名前を聞いただけでは知らないという方も多いかもしれません
でも私と同年代(60歳前後)の特に男性の方であれば
あの映画『青い体験』の女優さんといえば
にっこりというよりは思わず‶ニンマリ″ではないでしょうか(^-^)

『青い体験』1973)より
ラウラ・アントネッリの鉛筆画似顔絵

ラウラ・アントネッリ1
☟クリックすれば途中経過はコマ送りに
1527379477AvprayoY00ODScr1527379464.gif

冒頭の‶ニンマリ″ではありませんが
それほどこの作品の彼女は眩しすぎるくらいの輝きを放っていました
というか彼女の存在そのものが世の男性の切なる願望を
最初は イヤイヤじらしてじらして それでも最後はすべてを聞き入れてくれそうな
そんな強烈なイメージが彼女にはありました



この作品が公開されたのが1974年の年末あたりで
ちょうど同じ時期に あの『エマニュエル夫人』が封切られています
エマニュエル夫人

『エマニュエル夫人』はご存知のように『青い体験』と同じエロスを強調しても
美しくファッショナブルな映像で まるでフランスのファッション誌がそのまま官能的なシーンになったようで
シルビア・クリステルの魅力も相まって多くの女性が映画館に殺到して大ヒットを記録しました

一方のこの『青い体験』は宣伝も何かしら‶キワモノ映画″的な扱いでしたが
いざ公開されるや映画はスマッシュヒットとなり
続編や年代を超えての新作も次々と作られました

やはりこの映画はラウラ・アントネッリという存在がなければ
これほど後々まで語り継がれる作品にはならなかったと思います


★☆★☆★

今回のラウラ・アントネッリを描いていて思わず連想してしまった女優さんがいます
早々とこの欧州女優画紀行のCOMING SOONしちゃいます(∈^▽゚)

‶イタリアの宝石″と呼ばれるモニカ・ベルッチです
imgf6bf685dzik0zj.jpg

描くのは6月下旬頃を予定しております